スポンサード リンク

福祉用具プランナー

福祉用具プランナーとは、車いすや歩行器などの福祉用具が必要とされる障害者や介護が必要とされる高齢者に対して、福祉用具の選択、福祉用具の使用法について指導するといった業務をこなす仕事をする人のことを指します。

 

福祉用具の種類は幅広く、移動に関する福祉用具には車いす、歩行器、スロープ、歩行補助杖、手すりなどがあります。排せつに関する福祉用具にはポータブルトイレ、特殊尿器などがあります。さらに、入浴に関する福祉用具には、バスボード、ベッド関連の福祉用具には床ずれ防止用具、電動ベッドなどの特殊寝台など、実にさまざまな種類があります。

 

これらのすべての福祉用具について、使用用途や使用方法などに関する知識を正しく身に付けて、病院に入院している患者や介護・福祉施設に入所・通所する人に必要とされる福祉用具について提案、アドバイスを行うのが、福祉用具プランナーの業務であり、在宅介護をする家庭に対して、介護者とその家族に対して、相談に応じて指導を行うこともあります。

 

この資格は、ケアマネージャーやホームヘルパーなど、介護に携わる仕事をしている人や、福祉関係の仕事をしている人にとって、ぜひ取得しておきたい資格です。
福祉用具プランナーは、テクノエイド協会による民間資格で、保健師・看護師・理学療法士・作業療法士・准看護師・社会福祉士・義肢装具士・介護福祉士のうち、いずれかの資格を有する人、または福祉用具専門相談員として、2年以上の実績がある人といった受講資格条件が定められています。

スポンサード リンク